算数ジュニアオリンピック2018

放課後、19名の児童が「算数ジュニアオリンピック2018」に挑戦しました。

これは、宇和島市が、児童の算数科における興味・関心を喚起し、算数のもつ楽しさやよさに気付かせるととに、粘り強く思考し、多様な問題に挑戦することを通して、数学的な見方や考え方を育成することを目的に、市内の小学5・6年生を対象に行っているものです。

学年に関係なく、全員が同じ問題を解いて、上位30名に金・銀・銅の各賞が贈られます。

受検をした児童は、15時50分から60分間、張り詰めた空気の中で最後まで難問に向き合っていました。