H30和霊小学校日記

今日の給食 9/19

今日のメニューは、さばのしょうが煮・ごま酢あえ・沢煮わん・ご飯・牛乳です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにゃくは、里芋の仲間である「こんにゃく芋」から作られます。

「里芋」は、いもたきや豚汁などの料理で給食にも出てきますね。

「さつま芋」は、中国から沖縄県・鹿児島県を経て日本全国に伝わったとされています。鹿児島県は、昔「薩摩」と呼ばれていたので、「さつま芋」という名前が付きました。

大洲青少年交流の家利用活動(第1日)②

大洲青少年交流の家に無事到着した一行は、入所式を終え、それぞれの部屋へ移動。

その間に初めての班長会議が、宿泊棟のラウンジで行われました。


 

 

 

 

 

 

 

班長さん、班長会議の内容をしっかり班員に伝えてくださいね。

この3日間普段の学校生活では味わえない様々な活動を通して、規律・協調・奉仕の精神が身に付くことを願っています。 

大洲青少年交流の家利用活動(第1日)①

いよいよ2泊3日の宿泊体験学習が始まります。

体育館で出発式を終えた5年団一行は、丸山球場前でバスに乗り込み、いざ大洲青少年交流の家に出発。


 

 

 

 

 

 

 

 

 出発式でお願いした3つの約束「自然に親しむ」「友達のよさを知る」「集団生活の決まりを守る」を実行して、元気に、そして、たくましくなって帰ってきてください。「いってらっしゃい」

南校舎に続いて体育館で、ただ今工事中! 

大規模な雨漏りのため、床で不陸(でこぼこに波打った状態)が発生し、一部分が使用できなくなっていた体育館で、床材の張り替え工事が行われています。

この後、研磨・ウレタン塗装、ライン引きなどの作業を経て、今月28日(金)には工事が完了する予定です。

夜間等体育館を使用しておられる団体の皆さんには、長い間御迷惑をお掛けしておりますが、もうしばらくお待ちください。


今日の給食 9/18

今日のメニューは、かぼちゃのグラタン・小松菜サラダ・鶏肉のトマト煮・ご飯・牛乳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かぼちゃは、「冬至に食べると病気にならない」と昔から言われるように、冬の野菜のイメージがあるかもしれませんが、旬は6~9月頃です。

カロテンが多く含まれ、紫外線でダメージを受けた皮膚や粘膜を正常に保つ効果があります。

また、他の多くの野菜と違って、丸のまましばらく時間を置き、熟成させた方が甘みが増し、カロテンも多くなります。

今日の給食 9/14

今日のメニューは、鶏肉の磯部揚げ・キャベツの梅かつおあえ・おくらのすまし汁・ご飯・牛乳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おくらは、切るとねばねばします。このねばねばは食物繊維の一種で、生活習慣病を予防する働きがあります。

また、消化を助けたり、胃を守ったりする働きもあるので、夏バテや食欲がないときもぴったりの野菜です。

今日の給食のようにお汁に入れると、汁にも食物繊維が溶け出します。汁まで全部飲むことで、無駄なく食物繊維をとることができます。

公倍数を使って

5校時に、5年1組で研究授業がありました。算数の単元「整数」の学習です。

子どもたちは、公倍数を利用していろいろな場面の問題を解いていきました。

そして、それぞれの倍数を書き出して共通するもの(公倍数)を見付けると、簡単に解くことができることを学びました。

ペアでの交流(算数会議)を通して、自分の考えを確認したり深めたりすることができました。

今日の給食 9/12

今日のメニューは、焼きぎょうざ・ナムル・マーボーなす・ご飯・牛乳です。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

なすは、紫色の皮に様々な効果をもつ成分が含まれています。

例えば、血管をきれいにして動脈硬化や高血圧といった生活習慣病を予防したり、目の疲れをとったり、がんを予防したりする効果があります。

そのため、できるだけ皮を残して調理した方が体にいいですね。

今日の給食 9/11

今日のメニューは、いわしのかば焼き風・切干大根のあえ物・焼きビーフン・ご飯・牛乳です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いわしは、漢字では「魚」へんに「弱い」と書きます。

弱い魚と聞くと、かわいそうな気もしますが、いわしは味もよく、昔は大量にとれていたことから、様々な形で私たちの食卓に登場しています。

みそ汁などのだしをとる「煮干し」や「しらす干し」「ちりめんじゃこ」「めざし」なども、いわしで作られています。