今日の給食

1月21日(月)

今日のメニューは、さばのみそ煮・わかめとじゃこの酢の物・かき玉汁・ご飯・牛乳です。

卵に表示されている賞味期限は、「生で食べられる期限」のことです。

これは、万が一卵にサルモネラ菌が付いていた場合に、食中毒を起こすほど増えないと考えら期間を基準に決められています。

卵は一つ一つに差があり、また、季節や保存状態なども違いますが、それを考えて安全と言える期限を賞味期限としているそうです。

1月18日(金)

今日のメニューは、揚げギョウザ・ナムル・中華スープ・ご飯・牛乳です。

もやしは、豆を水洗いした後、温水につけ、室温が30℃くらいの暗い所で発芽させた芽の部分です。

緑豆、大豆、小豆、ささげなどいろいろな豆のもやしがあります。

もやしには栄養分は少ないですが、食物繊維がたくさん含まれています。

1月17日(木)

今日のメニューは、ポークカレー(七穀ご飯)・ひじきサラダ・牛乳です。

今日のひじきサラダには、れんこんが入っています。

れんこんは、水田の中で成長します。お店で売られているれんこんは、節ごとに切られて小さくなっていますが、水田の泥の中では、その小さいれんこんがいくつもつながっています。

親・子・孫とそれぞれがどんどん伸びて大きくなり、全長8mくらいになるそうです。

1月16日(水)

今日のメニューは、いわしフライ・和風サラダ・かぼちゃのみそ汁・ご飯・牛乳です。

今日は、みそ汁にもいわしが使われています。大羽いりこがみそ汁のだしに使われています。

いわしは、大きさによって名前が変わります。小さいものを「しらす」、長さが3㎝になると「かえり」、8㎝以上になると「いわし」と呼ばれます。

いわしは、一度にたくさんとれるため、生の魚を調理するだけでなく、しらす干しやちりめんじゃこ、煮干しなど、いろいろなものに加工されます。愛媛では、いりことして親しまれていますね。

1月15日(火)

今日のメニューは、鶏肉の塩こうじ焼き・ほうれん草のサラダ・沢煮わん・ご飯・牛乳です。

食器を正しく置いていますか。

左にご飯、右にお汁が置いてありますか? 名札を付ける方(左)にご飯を置く、と覚えるといいですね。

おかずは、仕切りの皿の右に肉や魚などの主菜、左にあえ物やサラダなどの副菜を置きます。牛乳は右側に置きます。箸の向きにも気を付けましょう。

1月11日(金)

今日のメニューは、ビビンバ・うずら卵入りスープ・牛乳です。

ビビンバは、朝鮮半島の料理です。

ご飯にナムル、いためた肉、卵などの具を乗せて、よくかき混ぜてから食べます。「ビビム」が「混ぜる」、「バ」が「ご飯」の意味です。

ナムルは、ゆでた野菜や山菜をごま油と調味料であえたもので、今日はほうれん草ともやし、にんじんのナムルでした。

1月10日(木)

今日のメニューは、さけの塩焼き・ポテトサラダ・豚汁・ご飯・牛乳です。

さけは、世界中で食べられている人気の魚で、日本国内では北海道や東北地方などの北の地方でよくとれます。

さけは、川で生まれた後、海に出て成長し、広い海を泳ぎ、アメリカの沿岸まで行って卵を産む頃になると、自分が生まれた川に戻ってきます。

大きな海を泳いだ後に、たくさんある川の中から自分が生まれた川へ間違えずに戻ってくるということは、とてもすごいことですね。

1月9日(火)

今日のメニューは、コロッケ・小松菜のサラダ・かぶのポトフ・バターパン・牛乳です。

かぶは、春の七草の一つで「すずな」と呼ばれています。昔からかぶや大根は、冬の貴重なビタミン源でした。

かぶの根の部分は、カリウムやビタミンC、食物繊維が多く、でんぷんの消化を助けるジアスターゼという酵素も多く含まれているので、お雑煮の具には相性がぴったりです。

葉の部分は、切って売られているものもありますが、カロテンやビタミンC、葉酸、カリウム、カルシウム、食物繊維がたっぷりなので、捨てずに使いたいですね。