カテゴリ:5年生

収穫の秋!さあ脱穀です

5年生は、バケツで育てた稲を先日刈り取り、干していました。

今日は、自分の刈り取った稲の穂を脱穀しました。

次は、もみすりを行う予定です。早くお米を見たいですね。

 

バケツ稲栽培オリンピック(5年)

今年は、5年生がJA主催のバケツ稲栽培オリンピックにチャレンジしています。

もちろん、学校に田んぼはありません。一人一つずつバケツで育ててきました。

今日は、念願の収穫日でした。さてさて、お米はできてるかな?

大洲青少年交流の家利用活動(第3日)③

いよいよ2泊3日の大洲青少年交流の家利用活動も終わりです。

最後は、大洲青少年交流の家の所員の方に参加していただき、退所式を行いました。

児童代表2名が、お礼の言葉や3日間の生活を振り返って学んだことなどを発表しました。

大洲青少年交流の家利用活動(第3日)②

3日目の午前中は、「ストーンアート」と「折り紙建築」に挑戦。

ストーンアートは、石に絵や文字を書き、アート作品に仕上げる活動。折り紙建築は、紙にカッターで切れ目を入れ、立体的な作品を作る活動です。

講師の方に教えてもらいながら、みんないい作品ができました。

大洲青少年交流の家利用活動(第3日)①

3日目、最終日となりました。

雨天のため、朝のつどいもふれあい広場から場所を移して行われました。本館2階のホールは、400名を越える子どもたちでいっぱいです。

残念ながら、肱川の上流にある鹿野川ダムの放流が昨日から続き、川の水位が上がっているため、カヌーは中止となりました。


大洲青少年交流の家利用活動(第2日)⑥

天候不良のため、計画していたキャンプファイヤー(屋外)をキャンドルサービス(屋内)に変更して行いました。

第一部では、各班の班長が、火の神から分火してもらった「友情」「協力」「奉仕」「情熱」「努力」「学問」「スポーツ」「団結」「規律」「希望」の火をそれぞれ班員に分火していきました。真っ暗な中で、燃えるろうそくの炎は、とてもきれいでした。

第2部では、班ごとの出し物がありました。クイズやダンスで盛り上がりました。

楽しい思い出に残る行事となりました。

 

大洲青少年交流の家利用活動(第2日)⑤

雨天のため、ウォークラリーは、大洲城巡りコースから青少年交流の家周辺のショートコースに変更して実施しました。

子どもたちは、雨にも負けず各ポイントでクイズに答えたり、じゃんけんをしたりしながら、楽しそうにコースを回っていました。

10班全部が無事にゴールすることができました。